化粧品で美容対策をしよう|シークレットキレイ情報

敏感肌の様々な要因

敏感肌に陥る原因は、いろいろ考えられます。まずひとつ目が(女性ホルモンの低下)です。20代から女性ホルモンの分泌が少しずつ下がりはじめ、40代後半になるとガクンと低下します。皮脂分泌も少なくなるので、肌が乾燥しやすくなります。結果、肌のバリア機能がスムーズに働かなくなることで敏感肌の状態になるのです。二つ目は、40代は子育てと仕事を両立しながら、がんばっている世代です。ストレスや睡眠不足は、当然ながら肌にも悪影響を与えてしまいます。体調がすぐれないと血行不良につながり、肌のすみずみまで栄養が行き渡らないのです。敏感肌になるだけでなく、くすみやハリのなさといった、エイジングのサインもあらわれるので、油断はできません。

(一気に増える紫外線でうっかり日焼けに要注意)春のポカポカ日差しを侮るなかれ、紫外線量は3月頃から急上昇します。部屋の中でも曇りでも肌に届くUV−A波の脅威を考えれば、無防備になりがちな春こそUVケア&美白を万全にしましょう。また春はストレス要因も多く不安定になりやすい時期です。空気の乾燥や気温差、環境変化によるストレス、睡眠不足。いつより肌に敏感トラブルが出やすい春は、くり返す負のスパイラルに陥る前に専用ケアで乗り切りましょう。(いつもの化粧品でピリピリ、かゆみ、突然の吹き出物が)バリア機能の低下で水分が抱えられず、外からの刺激が入りやすい状態です。保湿を徹底することが大切ですが、水分を逃さないように皮脂膜を作るクリームやオイルで敏感肌を保護するとよいでしょう。洗いすぎや肌を擦るのはダメです。角質ケアは控えめにしましょう。