従業員意識調査が企業に必要とされる理由とは

社員の正直な意識を調べる

女性

第三者の立場が必要

従業員意識調査とは、社員が抱える会社への満足度や不安などを調査するものです。調査内容は業務内容、人間関係、待遇、マネジメント、会社への帰属感などから従業員の意識を調査します。従業員意識調査を行う事で、社員は何に満足していて、どんな事に不満を持っているのか細かく知ることができ、仕事へのモチベーション向上に役立ちます。しかし、従業員意識調査を行う上で注意したいのが、社内で行う独自の調査です。社内で従業員意識調査を行うと、例え匿名であったとしても社員としては質問に答えずらく、正確な意識調査を行えない事が多くあります。そこで従業員意識調査に必要となるのが、第三者の立場で調査を行うコンサルティング会社です。コンサルティング会社が行う従業員意識調査からは、社内調査では気付かなかった社員の意見を確認でき、会社の業績アップや企業の質の向上につながります。特に従業員満足度は顧客満足度と強い関連性がある事が解っており、従業員満足度が高い企業ほど高い顧客満足度を獲得できる傾向にあります。従って、コンサルティング会社による従業員意識調査で従業員満足度を正確に調べ、社員の不安や不満を吸い上げて改善する事ができれば、より高い顧客満足度を獲得するきっかけとなるのです。この様に、従業員意識調査とは単に社員の意識を確認するだけが目的ではなく、会社の業績やイメージに直結するマネジメントの一環と考える事が出来ます。その為にも社員の正直な意識の調査が必要となるのです。

Copyright© 2017 従業員意識調査が企業に必要とされる理由とは All Rights Reserved.